スポンサードリンク

2016年11月21日

山女日記〜女たちは頂を目指して〜 あらすじ 4話

山女日記〜女たちは頂を目指して〜 あらすじ 4話

工藤夕貴さん 主演 プレミアムドラマ 「山女日記〜女たちは頂を目指して〜」

早くも11月27日(日)放送の4話目のあらすじが公開されました。

物語は、小説「山女日記」をベースに、“女性のための山ドラマ”として連続ドラマ化。

山女日記〜女たちは頂を目指して〜 あらすじ 4話の紹介です。

柚月(工藤夕貴)は唐松岳で偶然出会ったかつての同僚・舞子(佐藤藍子)から頼まれ、登山ガイドを引き受ける。

柚月のガイドで舞子は年下の恋人・大輔(武田航平)と山頂を目指すが事故で足をくじいてしまう。

木嶋(黄川田将也)に背負われ舞子は山小屋にたどりつくが、またもてっぺんを踏めないことを内心悔やむ。

そんな彼女に大輔は予期せぬ告白をする。柚月も唐松岳で吉田(萩原聖人)と初めて出会ったころを思い出す。

以上が、山女日記〜女たちは頂を目指して〜 あらすじ 4話の紹介でした。

「山女日記〜女たちは頂を目指して〜」は、NHK BSプレミアムにて 毎週日曜 22:00 より絶賛放送中!!

どうぞ、お見逃しなく!!


スポンサードリンク
posted by ドラマラボ at 23:44 | Comment(0) | 2016秋ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。